切手大好き

切手の湿気対策のためスタンプブックなどへの保管を

日本には目にも美しい四季に恵まれていますし、その時期に合った気温や湿度もあるので、季節ごとの衣類も違えば冷暖房の活躍も異なるため、時期に合った空調なども必要です。趣味として切手を集めている人は保管状況にも気を使いますが、熱を上げていた時には切手のことを第一に考えるものの、熱が冷めれば切手ブックに入れてそのままとか、管理もさほど行き届きません。そろそろ切手を切手買取に出してお金に変えようとしたときに、これまでの切手管理が大きく影響をすることを知っておくべきです。見た目にも損傷もなく美しい切手はそれだけ価値が高まりますし、状態が良くて珍しい切手は買取での高値も期待できます。しかしこれまでの切手の保管状態が良くなかった場合は、出してみたら切手はすっかり良くない状態ということもあるので、湿気なども大敵です。いつの間にか汚れが付着をしていたり、シミになっていたりする原因の一つは湿度ですから、そのまま保管をするのは汚れが付きやすくなります。いつか売ることを考えたら切手は、スタンプブックに保管するなどの対処が必要です。