切手大好き

発行枚数や販売期間も制限の記念切手の価値

切手は時代背景も影響をするので、記念切手でも1955年以前の種類は、切手買取へ出しても買取査定の価値が高くつきやすいです。明治時代や大正時代の切手、飛行郵便試験や日韓通信業務合同の切手は、切手の額面以上の価値が今ではあるので、プレミア切手として買取価格をつけることが可能です。切手市場の相場や日本切手カタログをもとに査定をするのがプロの業者ですから、買取店へ出せば1枚1枚をプロが確認をして、見極めての見積もりをしてもらうことができます。国民的なイベントを記念して、ことあるごとに発行をされるのが記念切手であり、普通切手とは異なり発行される枚数も、販売される期間にも制限があるのが特徴です。普通切手であればいつでも郵便局で買うことができますし、同じ絵柄がかなり長く続きます。でも記念切手は発行も販売期間も限定されるので、制限されるほどに希少価値が高まりますし、さらに時代が明治や大正時代の発行切手であれば価値はもっと高いです。